バンパー修理にあると便利な工具

普段どれだけ気をつけて運転していても、不注意から壁や縁石、ガードレールなどに車をぶつけてしまうことがあります。こうした事以外にも、走行中に他の車が飛ばした飛び石がボディやバンパーに当たってしまい、傷や凹みが出来てしまうということも少なくありません。こうした傷は、例え小さなものであっても非常に気になるものですし、見た目にも決して良いものではありません。そこで、傷や凹みを消すのにバンパー修理をする必要がありますが、修理工場などに頼むと思った以上に高い費用がかかってしまいます。そこで、バンパー修理を自分でやってしまうというのも一つの方法です。費用は格段に安く済みますし、車を預ける必要もないので、修理中に車が使えなくなるということもありません。

ホームセンターやカー用品店で道具が揃います

車のボディやバンパーを修理するには、専用の道具が必要になります。とはいえ、ホームセンターやカー用品店で手に入る道具で十分に対応できるので、道具や材料を探すのに多くの時間を費やす心配はありません。基本的には傷を埋めるパテなどの補修材、剥がれた塗料を補修するタッチアップ用の塗料、下地を整えるサンドペーパーやコンパウンドなどがあれば作業をすることができます。道具にも様々な種類のものがあり、傷の大きさなどによっても使いやすさに差があるので、事前によく確認したり、店員などに相談するのがおすすめです。道具が揃ったらいよいよ作業を始める事ができますが、休日など時間に余裕がある時に作業をすることが大切です。パテや塗料の乾燥時間がありますので、時間に余裕が無いと作業を進められなかったり、仕上がりが汚くなってしまう事もあるので注意が必要です。

何が必要になるかをシュミレーションしておこう

基本的な道具や材料を揃えるのはもちろんですが、作業をより効率的に進めるために、何が必要になるかをよく考える事も大切です。塗料やパテを使う時には周囲が汚れてしまう事もあるので、余計な箇所を汚してしまわないようにマスキングテープや養生シート、古新聞などを用意しておくと安心です。また、余分なパテや塗料を拭き取るのにウェスや古タオルなどを準備したり、ゴミ袋などもきちんと用意しておくと作業をいちいち中断してしまう事もありません。事前に十分な準備をしておくことで、作業の能率も上がりますし、作業に集中できるので、綺麗な仕上がりを目指すのであればこうした下準備をしっかりとしておくことが重要です。パテや塗料などは有機溶剤を使用しているため、臭いもきつくなります。そのため、周囲に影響が無い場所で作業をするということも忘れてはいけません。