Set Primary menu by going to Appearance > Menus

バンパー修理は難しくない

車のボディやバンパーは、普段気をつけていてもいつの間にか傷や凹みが出来てしまうものです。飛び石などでも傷はついてしまいますし、運転を誤って壁などにぶつけてしまったら、大きな傷や凹みになってしまう事もあります。こうした傷や凹みは、修理工場やディーラーに修理を依頼するのが確実ではありますが、いかんせんプロの作業となると費用もかさんでしまいます。とはいえ、傷や凹みをそのままにしておくのも気分が悪いものですので、早めに修理してしまいたいものです。修理にかかる費用を安く済ませたいのであれば、自力で修理にチャレンジしてみるのもおすすめの方法です。余程大きな傷や凹みなどの場合には自力での修理が難しいときもありますが、比較的小さな傷などであれば、シロウトでも十分に対処することが出来ます。

バンパー修理をスムーズに行なうために必要な物

バンパーやボディの修理を自力でするというのであれば、まずは道具や補修材を用意しなければなりません。こうした材料や道具は、プロが使用する様な物もありますが、シロウトが行なうバンパー修理程度であれば、市販されている物で十分間に合わせる事ができます。市販されている道具や材料を揃える時には、まず修理する傷の程度を見極める事が大切です。傷の状態によっては使用する道具や材料も変わってきますし、適していないものを無理に使うと仕上がりも綺麗になりません。自分でどの製品を選べば良いのか判断が出来ない時には、インターネットで情報を集めたり、販売店に置いてあるリーフレットなどを参考にするのも良いでしょう。とは言え、初めて修理をするとなると、中々上手く進まない事もあるので、慌てずにじっくり取り掛かることが大切です。

丁寧な作業が良い結果を生みます

初心者がバンパー修理やボディの修理をするとなると、何から手をつけて良いか分からないということがあります。こうした時には、まず傷がついている箇所を綺麗に掃除して、汚れや油分を取り除いておくと良いでしょう。汚れや油分が残っていると、補修に使用するパテの密着性が悪くなりますし、十分に密着していないと補修後に剥がれてしまう事もあります。また、塗装をする際にも同様で、油分などを綺麗に取り除いておくと塗装の仕上がりも段違いに綺麗になります。この他にも、パテや塗料を使う時には乾燥を十分に行なうことが大切です。硬化が不十分なままで作業を進めると、仕上がりが汚くなってしまいますし、耐久性も落ちてしまいます。細かな作業が多くなりますが、こうした地道な作業を丁寧に行なうことで美しい修理を行なうことが可能となります。