Set Primary menu by going to Appearance > Menus

バンパー修理に必要なものを紹介します

毎日車を通勤や通学に使っていると、いつの間にかボディやバンパーに傷や凹みが出来てしまう事があります。運転を誤って壁などにぶつけてしまう以外にも、走行中に飛び石が飛んできてボディに傷をつけてしまうなど、注意していても防げないことが原因になる場合もあります。こうした傷や凹みをそのままにしておくと、見た目にみっともないだけでなく、そこから更に塗料が剥がれてしまったり、金属部分に錆が発生してしまう事もあります。バンパーなどの樹脂部分であっても、亀裂が広がってしまうこともあるので、出来るだけ早めに修理してしまうのがおすすめです。ディーラーや修理工場に修理をお願いするのも良いですが、どうしても費用が高くついてしまいます。そこで、修理費用を安くするのに自分で修理をしてみるというのも良い方法です。

初心者でも意外と簡単にバンパー修理ができます

車のボディやバンパーの修理は、一見すると難しそうに感じてしまうものですが、やってみると意外と簡単に出来るものです。初心者となると、はじめのうちはスムーズに作業が進まない事もありますが、それでも作業を進めていく内にコツが分かってきますので、それほど難しく感じることもありません。大きな傷や凹みを綺麗に直そうとすると、それなりに手間もかかり、技術も必要になりますが、比較的小さな損傷であれば、初心者でも十分綺麗に仕上げることが可能です。綺麗なバンパー修理をするには、まず何と言っても道具や材料をきちんと揃えておくことが肝心です。ホームセンターなどでは補修用の様々な道具や材料が揃っているので、自分の作業にどういった物が必要になるかをよく吟味して選ぶことが大切です。

使用する材料をよく吟味する事が大切です

一口にボディやバンパーの修理と言っても、損傷の具合によって必要となる材料は様々です。こすり傷など、浅い傷であれば、コンパウンドなどで磨くだけでも傷を消すことができますし、そのまま塗料を塗るだけでも綺麗に仕上げることができます。表面がえぐれている様な傷の場合には、傷埋め用のパテを使用する必要があります。このパテにも様々な種類のものがあり、浅い傷を埋めるものから深い傷まで対応できるもの、あるいは粘土のように成形できるものもあるので、傷の程度によって使い分ける必要があります。また、傷のついたボディや補修後の表面を平滑にするためにサンドペーパーも用意しておかなくてはなりません。粒度によって種類が異なるので、粗いものから細かいものまで数種類用意しておくと安心です。

車にお金はかけたくないけど、へこんだ車はみっともなくてイヤ!そんなときに頼れる激安修理です。 大型車の修理はお金がかかるもの?10cm以内のヘコミなら、11,000円均一で修理可能です。 当社は車の板金塗装や修理を激安料金で行う会社で、対象エリアは東京・埼玉・神奈川であれば無料でご自宅まで引き取りに伺います。 営業時間中に限り、10分以内にお見積もりメールが届かなかったら修理代金から割引。 バンパー修理をどこよりも安くお受けいたします!